Home Reference Source
import Robot from 'senkowsh/src/senko/Robot.js'
public class | source

Robot

ウィンドウやマウスなどを自動操作するためのクラス

Static Method Summary

Static Public Methods
public static

アクティブなウィンドウのハンドルを取得する

public static

指定したハンドルのクラス名を取得する

public static

マウスの座標を調べる

public static

getHandle(get_handle_data: RobotGetHandleData): number

指定したハンドルを取得する

public static

指定したクラス名のハンドルを取得する

public static

指定したウィンドウ名のハンドルを取得する

public static

getPID(handle: number): number

指定したハンドルのプロセスIDを取得する

public static

仮想キーコードの一覧を取得します

public static

指定したハンドルの位置とサイズを取得する

public static

指定したハンドルのウィンドウ名を取得する

public static

setActiveWindow(handle: number): void

アクティブなウィンドウを設定する

public static

マウスの座標を設定する

public static

キーを入力する

public static

マウスのクリックを行う

public static

setWindowRect(handle: number, rect: WSHRobotRect): void

指定したハンドルの位置とサイズを設定する

public static

指定したプロセスIDを修了させる

Static Public Methods

public static getActiveWindow(): number source

アクティブなウィンドウのハンドルを取得する

Return:

number

public static getClassName(handle: number): string source

指定したハンドルのクラス名を取得する

Params:

NameTypeAttributeDescription
handle number

Return:

string

public static getCursorPosition(): WSHRobotPosition source

マウスの座標を調べる

public static getHandle(get_handle_data: RobotGetHandleData): number source

指定したハンドルを取得する

Params:

NameTypeAttributeDescription
get_handle_data RobotGetHandleData

Return:

number

public static getHandleOfClassName(classname: string): number source

指定したクラス名のハンドルを取得する

Params:

NameTypeAttributeDescription
classname string

Return:

number

public static getHandleOfWindowText(windowname: string): number source

指定したウィンドウ名のハンドルを取得する

Params:

NameTypeAttributeDescription
windowname string

Return:

number

public static getPID(handle: number): number source

指定したハンドルのプロセスIDを取得する

Params:

NameTypeAttributeDescription
handle number

Return:

number

public static getVK(): VirtualKeyCodes source

仮想キーコードの一覧を取得します

Return:

VirtualKeyCodes

public static getWindowRect(handle: number): WSHRobotRect source

指定したハンドルの位置とサイズを取得する

Params:

NameTypeAttributeDescription
handle number

Return:

WSHRobotRect

public static getWindowText(handle: number): string source

指定したハンドルのウィンドウ名を取得する

Params:

NameTypeAttributeDescription
handle number

Return:

string

public static setActiveWindow(handle: number): void source

アクティブなウィンドウを設定する

Params:

NameTypeAttributeDescription
handle number

Return:

void

public static setCursorPosition(position: WSHRobotPosition) source

マウスの座標を設定する

Params:

NameTypeAttributeDescription
position WSHRobotPosition

public static setKeyEvent(vkcode: VirtualKeyCode, option: KeyEventOption) source

キーを入力する

Params:

NameTypeAttributeDescription
vkcode VirtualKeyCode

キーコード(利用可能なコードは、Robot.getVK() で取得可能)

option KeyEventOption
  • optional

オプション

public static setMouseEvent(type: string, option: KeyEventOption) source

マウスのクリックを行う

Params:

NameTypeAttributeDescription
type string

"LEFT", "RIGHT", "CLICK", "DOUBLE_CLICK"といった文字列

option KeyEventOption
  • optional

オプション

public static setWindowRect(handle: number, rect: WSHRobotRect): void source

指定したハンドルの位置とサイズを設定する

Params:

NameTypeAttributeDescription
handle number
rect WSHRobotRect

Return:

void

public static terminateProcess(pid: number): * source

指定したプロセスIDを修了させる

Params:

NameTypeAttributeDescription
pid number

Return:

*